新しい家族(その5)

そんなこんなで今現在は?と言うと・・・。
人生色々・・・揉め事も色々あったが去勢も済み今は小て家の一員として
何とか落ち着いている。それはネコ達だけでなく人達の間でも・・・。

先ずは愚息達だが、また増える家族に最初は
もういい加減にしてくれぇ~#
と、かなりの難色を示していた。
ところが「キラ」を命名した長男坊が似ているこの子の名前を急遽提案して
きた事が雪解けの切欠となり新しい家族として迎え入れてくれる事となる。
ちなみに命名 クラル となった060.gif

次は白黒の男の子コマメだが約7kgの体重でジャレつく攻撃を封じ込めに
掛かるがすばしっこい動きに体力が持たず苦戦する事も度々・・・。
ところが一戦を終えるとクラルが「遊んでくれてありがと!」と言うかの如く
コマメの顔や耳を舐めてあげて満更でもない顔をしているし、お互い疲れて
その後ネコベッドの中で一緒に寝る事もあるのでここも何とかOK049.gif

その次に黒の女の子アテラは体重5kgとコマメ程大きくないがネコパンチ&
ネコキックはかなり強烈でここでも女性の強さを実感する・・・。
が、一戦終わるとさすが女の子でヤンチャ坊主を弟の様に扱い顔や耳を
舐めてあげてその後一緒に寝ているのでこの関係も問題無し058.gif

さて、お仕舞はロシアンブルーの女の子「のあ」だけど・・・とつづく040.gif040.gif040.gif040.gif040.gif

# by fspencer | 2015-05-07 22:06 | ネコさんの事  

新しい家族(その4)

血液検査の結果「ネコ白血病」「ネコエイズ」共陰性で一安心058.gif
そしてケガやその他大きな問題も無くノミ取りの後ワクチン注射をして頂いた。
ただ去勢はまだ早いので2ヶ月後改めて来院する事となる。
ここでも終始大人しく、厄介な採血でさえ楽に終わり院長先生も驚いていた。

チョッとドタバタはしたがこれで小て家の家族になる準備が整った。
でも手薬煉引いて待っている皆が受け入れてくれるか心配でならない。

自宅に到着し玄関を開け6個+2個(これはカイの目)が見つめている中
ケージに入れたまま皆に改めて紹介をする。
カイはデカい顔の半分しかない新しい家族の匂いをクンクン嗅ぎ、鼻から
フィ~~と息を吐いた後大あくびをして早速歓迎してくれた053.gif
図体はデカいけど温和でネコ好きの性格には本当に救われる。

6個中4個の目、コマメ(白黒の男の子)とアテラ(黒の女の子)は遠巻きに
して様子を見ているが目の吊り上りが取れ何とかなりそうな雰囲気060.gif

だけど残り2個の目・・・のあ(ロシアンブルー)だけはこの子が家の中へ
飛び込んで来た時と同じ様に「シャーシャー」言って威嚇している057.gif
さ~て、どうなる事やら・・・

つづく040.gif040.gif040.gif040.gif

# by fspencer | 2015-05-05 08:42 | ネコさんの事  

新しい家族(その3)

向かう道中小てママに動物病院へ大方の状況を℡連絡して貰う。
その間もこの子は終始大人しく、たまにニャ~~と小声で鳴く程度で
ケージに掛けたタオルを捲ると愛らしい目でこちらを見ていたそうな。

動物病院へ到着すると開院したばかりの時間にも関わらずネコさんが
入ったケージを抱えた数人の方が順番待ちしていた。
この動物病院は里親探しや保護した子達の治療を親身に行っているので
その口コミから来院するネコさんがとにかく多いのにいつもビックリする。

そんな中ワクチン注射で2匹のネコさんを連れた年配の女性が話しかけて
きたのでお話を聞くと・・・その方もネコさんが大好きでご自宅にはネコさん
専用部屋が有るとの事!
現在保護した子も合わせ今は8匹になってしまい色々大変!と、ちっとも
大変そうでない満面の笑顔が正真正銘のネコさん好きを物語っていた060.gif

診察の順番が来ていつもの診察室に入り院長先生に改めて経緯を説明する。
すると院長先生が開口一番「この子どうされます?こちらで里親探しましょうか?」
と質問をしてきたので「いつもご配慮本当に感謝しますがこの子は小て家で面倒
見ます」と、こう聞かれるんじゃないかな?と思い用意しておいた答えを伝える。

先生も予想した通りの答えが返って来たと言わんばかりに「それでは血液検査の
結果を見て異常がなければノミ取りとワクチン注射しましょうか」と微笑みながら
言葉が返ってきた026.gif       つづく040.gif040.gif040.gif

# by fspencer | 2015-05-03 09:51 | ネコさんの事  

新しい家族(その2)

6個の目の主は想定外の行動に驚き一旦あちこちに散らばったが
直ぐに追いかけお風呂場を包囲する。

、遠巻きに見ているだけで何故か誰もそれ以上近寄ろうとしない。
小てママが家ネコ達の間を割ってお風呂場へ入るとその子が蓋の上に
ひょっこり座っていた。
そして近寄っても逃げも暴れもせずそのままヒョイ~と抱っこされ、
これまた抵抗する事なくケージへ確保となった。

こんな時はさ~てどうするか?なんて相談する必要はない。普段頻発
する夫婦間のギクシャクが嘘の様に、二人の口から出る答えは同じで
「早く動物病院へ連れて行こうよ!」
そして直ぐに出掛ける用意を済ませいつもの動物病院へ車を走らせた。
気が付けば私の朝ご飯なんてどこかへスッ飛んでしまってた。トホホ・・・。

                                        つづく040.gif040.gif

# by fspencer | 2015-05-01 20:18 | ネコさんの事  

新しい家族♪

昨年の事になるが小て一家に新しい家族が加わった。070.gif

近所でたまに見かけていた子ネコだったがいつの間にか小て家付近で
頻繁に出没する様になり今は亡きキラに良く似たアメショウ風の毛色と
相まって子ネコ故の可愛さに「今日は遇えたの遇えなかったの」などと
小てママと良く話題にしていた。

3匹の家ネコ達もこの子の存在が気になり始め、外に気配を感じると
6個の目が穴が空くんじゃないかな?と思う程玄関扉の向こうを見つ
める事も度々だった。
b0112998_19455769.jpg


そんなある日の寒い土曜日の朝、小てママが玄関を開けた途端何を想ったか
6個の目が見つめる中この子が家の中へ突入し、そのまま一番奥に有る
お風呂場へ走り込んだのだ!           
                                              つづく040.gif

# by fspencer | 2015-04-26 20:00 | ネコさんの事  

小てつを越えて

今日4月7日でカイは11歳9か月と4日となった!
でも何故にこんな半端な日付を意識するかと言うと・・・
8年前の2007年5月14日、小てつが虹の橋へ旅立ったのが
11歳9ヶ月と4日目、だから意識せざるを得ない大事な日007.gif

骨髄性白血病を発症してからたった2週間で逝ってしまった
小てつが命の続きをカイへ託してくれたと思える程超元気だ。
聞かれて年齢を話すと白髪の少ない顔を見て誰もがビックリ
するけど身体の衰えをしっかり把握しているし油断していない。

人間より5~6倍も速い速度で生きているからこそこれからの
日々を今まで以上にもっともっと大事にしてあげたい。

どうかこのまま末永く元気で1日でも長生して欲しいと祈る
今日この頃・・・。 なっ、カイよ060.gif

b0112998_22212362.jpg

# by fspencer | 2015-04-07 22:28 | カイの事  

UMAみたいな・・・

江戸の西外れに朝日が降り注ぐのは本当に久しぶりの事060.gif

天気が悪く気温も低かったので早朝の行水を躊躇っていた

黒いモンスターも今日は一直線に近所の川へ向かった。

逆光で川面がキラキラ光る中、カイがザバザバと川の中へ入る。

ん?そう言えばネ〇湖の〇ッシーでこんな写真が有った様な気がするぞ039.gif

b0112998_1941154.jpg


だからってオチは何にもないのだけれど・・・。

# by fspencer | 2014-08-31 19:44 | カイの事  

黒いお友達♪

お江戸西外れは今朝も朝日がいっぱいでそんな中をカイとテクテク散歩
していたら道端で寛いでいた黒ネコさんがニャ~♪っと鳴きながら何と
した事かカイに寄って来た!

すると二人は旧知みたいに並んで歩きながら何か話している様だった060.gif

黒ネコさん:「おはよ~すんごく大きいね!朝から暑いけど大丈夫?」

カイ:「おはよ!大丈夫じゃないから川へ行くけど一緒に行かない?」

黒ネコさん;「私は泳げないから遠慮しとくね。またこっちへ散歩来てニャ~♪」

カイ;「分ったワン!それじゃ~まったね~♪」

土曜早朝の黒い仲良しでした053.gif

b0112998_22414674.jpg

# by fspencer | 2014-08-23 22:48 | ネコさんの事  

4年前の今日・・・

今日はクロマメの命日・・・4年前の2010年8月20日虹の橋へ
旅立って行った。

私の勤める会社の敷地内で保護してから一緒に居られたのは
たったの3年だったけど、今でも思い出す度鼻の奥がツンとして
目頭が熱くなり心の中で「クロマメ~!」と呼んでしまう。

元気で居るかな?小てつ、健王、キラ、そしてノラだった頃の
お友達といっぱい遊んでるかな?

b0112998_2125828.jpg


もう一度でいいから、クロマメに逢いたい・・・。

# by fspencer | 2014-08-20 21:29 | ネコさんの事  

カイの九死に一生の記録(その15/最終回)

そして待ちに待った10月13日(土)抜糸の日がやって来た!
カイも解かっているのか尻尾をパタパタ振りながら車の後部座席に飛び乗り、
その後のっそりと乗り込んで来た小てママと動物病院へ向かう。

カイはいつもの通り窓から顔を出して耳を風にパタパタさせながら鼻に流れ込む
空気を楽しんでいる060.gif
動物病院へ到着し診察券を受付BOXに入れ様とした時、絶望感で来た前々回の
事を思い出し改めてカイを助けて下さったこの動物病院と犬の神様へ心の中で
お礼を言いながら診察券を滑り込ませた。

待つ事約30分「カイ君、どうぞ」と呼ばれ診察室に入ると院長先生と入院して
いた時お世話をしてくれたスタッフの方がニコニコしながらカイを迎えてくれた。
「元気になって本当に良かったね!」そう声を掛けられるとカイは最上級御礼
顔面ペロペロを始める。

お腹の傷が無事塞がった事を確認するとハサミのパチンパチンと言う音と共に
抜糸は呆気なく完了!その後院長先生より食事&散歩解禁のお達しを頂き
診察終了となる001.gif

お金を支払い病院を出ようとした際、院長先生から
「これカイ君のお腹から出てきた異物の写真ですが良かったらお持ちになりますか?」
※少々厳しい写真につき一番下段にアップしたので閲覧の際はご注意を!

私は「ハイ、是非頂きます。有難うございます。でもよくこんな物が喉~胃を通って腸まで行きましたね」

先生は「全くです。これが腸に詰まっていたのですから本当に危ない処でした。
正に九死に一生です

私は何故かそう仰る先生の手を取り、馴れ馴れしく握手をしていた051.gif
九死に一生との言葉に感極まって無意識に・・・。


これで カイの九死に一生の記録 全15話 を終わりにしたい。
(その1)でも述べた通りこれは“人間の不注意でカイに大変な思いをさせて
しまった事を忘れないためにも、そしてカイを助けて下さった動物病院の
院長先生並びにスタッフの皆さまそして犬の神様へ心から感謝を伝える意味”
としてこの記録を残したが、この内容をアップするとアクセス数が大幅に
増える事に驚き、そして拙い文章力を暴露してしまい今更ながら恥ずかしい
気持ちに攻めらる今日この頃・・・。
でも“何も足さず何も引かず”ありのままの事象を記録出来た事は自信を
持って言いたい066.gif

どうかこんな事が二度と起きぬ様に、そして相棒カイが病気・怪我無く健康で
長生きする事を、そしてご覧下さった方々の愛犬さん愛猫さんの末永い健康を
心より祈って040.gif040.gif040.gif040.gif040.gif




【閲覧注意】


b0112998_9493662.jpg
040.gif040.gif040.gif040.gif

# by fspencer | 2014-08-18 09:54 | カイの事