<   2010年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

ゆっくりゆっくり

一週間ぶりの昨日もクロマメの定期健診で動物病院を訪ねた。

チクンされる事が判っているクロマメはブルーに後ろを向いたまま・・・。

b0112998_22312052.jpg


クロマメ、勘弁ね・・・・・。

順番が来て診察室へ入り最近点滴を嫌がり二人掛かりでしなければならない事と
増血剤の注射を指示通り3日おきにした事、そして相変わらず水を沢山のみ大量の
オシッコをしているけどご飯を食べてくれてる事を先生へ報告した後早速血液検査へ・・・。

今回もドキドキして待っていると「クロマメちゃん、どうぞ」と呼ばれ再度診察室へ。

そしてその結果は・・・・
PVC(赤血球容積率)28→28で変わらず TP(総淡白)9,0→8,9とこれもほぼ変わらず
BUN(尿素窒素)118→121と僅かに上昇 Cre(クレアチニン)10,8→10,0僅かだが下がった。
そんな中体重は2.40kgから2,45kgと僅かながら上昇した066.gif

前回結果より値が良くなっていないのでガッカリしていると「本来なら悪くなる状況にも
関わらずそれぞれの値に変化が無いのは落ち着いている証拠ですよ。それに
体重も人に換算すれば1kg程増えた事になるので良い兆候じゃないですか!」
と言って頂き、ネガティブに考えていた自分を反省しつつ危篤のクロマメを救ってくれた
名医は動物だけでなく飼主へのケアもさすが一流とただ感激するばかりだった。

そして点滴は今まで通り継続だけど一日なら空けても心配ない事と増血剤の注射を3日から
5日おきに減らしてOKとの指示を頂き、今回の結果から次回の診察は再来週となった。

診察が終わりホッとしてこちらも向いてくれたクロマメの目がいつもよりキラキラして
いる様に感じた072.gif
クロマメ、本当にお疲れ様!

b0112998_22321050.jpg


長い時間我慢させてごめんね。帰ったら水いっぱい飲んでからご飯食べようね053.gif

再来週の検査結果が少しでも良い事を心から祈って058.gif

by fspencer | 2010-06-27 22:56 | ネコさんの事  

奇跡を信じて

クロマメの体調が確かに良い方向へ向かっている058.gif

以前の様にお気に入りのカラーBOX(高さ約60cm)へ飛び上れる様になったし

何より嬉しいのは「お腹が減ったニャ~」と小てママへ知らせる迄になった事060.gif

小てパパは遅い時間迄身を粉にして皆のご飯代を稼いでいるので点滴は小てママに頼りっ切り・・・。

だからクロマメの回復は小てママの献身的なケアのお陰でありただ感謝するばかり。

願わくば食べたご飯が一刻も早くガリガリ身体へのお肉になって欲しい。

土曜日定期検診の血液検査でもっともっと良い結果が出ます様に053.gif

by fspencer | 2010-06-23 22:24 | ネコさんの事  

奇跡よ 再び!

昨日クロマメの定期検診で動物病院へ行った。

b0112998_22292066.jpg


ごめんね、クロマメ。お願いだからチョッとだけ我慢して良くなったか診て貰おうね♪

リアシートにネコベッドを置いておけばそこにずっと居てくれるケージ入らずの黒っ子。

待合室でも膝に乗ったまま辛抱強く待っているクロマメを見てケージを抱えてネコちゃんの
診察に来ている飼主さん達が「大人しい子ですね」と声を掛けてくれてつい嬉しくなる。

順番が来て診察台へクロマメを載せるとさっきまで大人しかったクロマメが入院していた頃を
思い出すのかキョロキョロソワソワし出す。

先生に指示通り点滴の増量と増血剤注射を継続している事、そして相変わらず水を沢山飲み
大量のオシッコをしているけど最近ご飯を食べる量が増えて来た事を報告した。

クロマメを診ながら先生は頷き「目の輝きも動きも良い感じですね。」と言って下さった後
早速血液検査へ・・・。

いつもながらドキドキして待っていると「クロマメちゃん、どうぞ」と呼ばれ再度診察室へ入る。

そして・・・・先生からの血液検査結果の説明を聞いて我が耳と目を疑った程だった。
何とPVC(赤血球容積率)25→28 TP(総淡白)11,0→9,0  BUN(尿素窒素)200以上→118
Cre(クレアチニン)14,8→10,8 と悪かった全ての値が好転していた!

特にBUNは測定レンジの200を振り切っていたのが標準値の14~36mg/dlには及ばないものの
118迄に下がってくれていたのが今回一番の朗報058.gif

「増血剤と点滴が効いて身体が大分楽になったので食欲が出たのでしょうね」との説明の後に
点滴は今まで通り継続だけど増血剤の注射を1日おきから3日おきに減らしてOKとの指示が出た。

診察が終わってホッとしたのかネコベッドで行く時よりもリラックスしているクロマメだった。

b0112998_16225956.jpg


いっぱい待ったもんね。お疲れ様!帰ったら沢山水飲もうニャ~。ありゃ、うつっちゃったよ・・・。

先週検診の時、心に射した一筋の光が段々増えて行く予感がした060.gif

頑張れ!クロマメ066.gif

by fspencer | 2010-06-20 16:47 | ネコさんの事  

小さい黒と大きい黒♪

まずは小さいの報告から060.gif

退院してから一週間後の一昨日、診察のためクロマメを動物病院へ連れて行った。

診察の順番を待っている間に「クロマメちゃん退院した時よりも元気そうですね」

とスタッフの方から声を掛けて頂いた。 む~ん~~確かに!

ご飯はそれほど食べていないが自宅に帰ってからよく動き回るし何より元気な頃の

様に目が生き生きしている。

そして日の当たるベランダで大好きなゴロンゴロンが出来る様にもなった053.gif

b0112998_22503158.jpg


診察の順番になりクロマメを見た先生も「あれ~先週の火曜日が信じられないくらい

すごく元気になったね~」と開口一番言ってくれたのが何よりも嬉しい。

口内がピンク色である事から酷い貧血状態でない事は素人ながら想像できたが血液検査の

結果をドキドキしながらクロマメと待った。

検査の結果、赤血球容積比25パーセントで健康時の30%には及ばないが悪い数値では無かった。

でも点滴をすると血液が薄まり数%下がるので22~23%が妥当な数値だろうとの事だったが

絶不調時の10パーセント半ばから回復してくれた安堵で涙が零れそうになった。

とは言え腎臓の状況はCre(クレアチニン)値 14,8で悪化してないものの横ばい状態で予断を

許さない状況は何ら変わずこれからも毎日点滴と増血剤投与が必要だけど何故か心に一筋の

光が射した様な気持ちになった。

クロマメが1日でも長く健やかに生きて欲しいとただ願い祈る毎日がこれからも続く。


そして久しぶりに登場の大きいはと言うと・・・

b0112998_22505751.jpg


相変わらずの脳天気ぶりだけどカイの元気が今の小て一家にとって元気の源058.gif

そんなカイも来月3日でシニアの仲間入り7歳、以前よりも顎の白髪が増えてきたけど小てつと

クロちゃんの良いとこ取りした様な文句無しの健康優良犬(除く、頭部のデカさ)066.gif066.gif

そう言えば今日は小てつの月命日。ずっとず~っと待っているのにまだ戻って来ない・・・。

by fspencer | 2010-06-14 22:56 | みんなの事  

再びの奇跡を信じて!

クロマメが昨日退院した058.gif

先週貧血による危篤状態から輸血で奇跡的に持ち直し、ほんの少し

だけど御飯を食べる迄になったので先生と相談した結果の決断だった。

具合の悪い時は夜中迄診てくれ退院後何か有ったらいつでも連絡を

取れる様にと個人の携帯番号まで教えて頂いた先生にただ感謝する

ばかり。

退院しても脱水症状に対する点滴と貧血に対する増血剤の投与が

毎日必要になるけど回復不可能な腎不全にはこれが延命処置に

過ぎない事が余りにも辛い。

だけど一日でも長く生きてくれる様に小て一家全員協力体制で大事な

家族のクロマメをケアして行くぞ~!

もう一度・・・いや何回も奇跡が起きる事を心から祈って。

クロマメ ゆっくりゆっくりでいいから一緒に生きて行こね060.gif

by fspencer | 2010-06-07 22:51 | ネコさんの事  

クロマメ緊急入院!

食いしん坊の愛猫クロマメが急にご飯を食べなくなり、水っぽいゲボを

し始めたと思ったらダルそうにして余り動かなくなった。

(尚、クロマメは2007年10月8日更新“新しい家族の仲間入り♪”で
紹介させて頂いている保護したノラ猫さんです。)

取りも直さずいつも御世話になっている動物病院へ伺い血液検査をして

頂いたがその結果を見て愕然とした。

何と末期の腎不全で脱水症状もひどくそのまま緊急入院となった。

その後点滴て一時ご飯を食べるまで回復した様に見えたが昨日急な貧血で

危険な状態になり先生の機転で輸血をして頂き一命を取り留めた。

でもひどい脱水症状が続いているので点滴をしなければならないが

血液が逆に薄まり貧血状態になるので点滴も出来ないじり貧状態・・・。

なんで、なんでもっと早く気付いてやれなかったのだろう。

小てつの時の事がフラッシュバックして胸が苦しくなる・・・。

頑張れ、クロマメ!

by fspencer | 2010-06-02 23:07 | ネコさんの事