<   2017年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

心配事(その参)

画面に映った心臓の画像を見ながらの説明は以下の通りだった。

①心臓壁の厚さも一定で心筋梗塞の兆候無し、弁も正常に動いている。
②若干心臓肥大の傾向で測った結果縦方向に約13.5cm 横方向に10,7cmで
 一回り程大きくなっているが今回の直接原因では無いので経過観察でOK。

と言う事で心臓肥大以外は異常が無いとの診断で安心するが院長先生は
こう付け加えた。

「心臓に異常は無いので通常の散歩では大丈夫ですが、特に散歩し始めの
階段やボール投げは充分注意してあげて下さい。」

長い時間診察台に乗っていて疲れたのか後部座席で爆睡するカイを見ながら
私も小てママも何故か会話が途切れ気味な帰りの道中になった。


そう言えば今日14日は小てつの命日。
虹の橋へ旅立った2007年5月14日からもう10年が過ぎたけど写真を見る度
未だに悲しくなり鼻の奥がツンと痛くなる。
小てつ、そしてクロお母さんどうか長男カイをずっとず~っと見守っていてね162.png

b0112998_21354922.jpg



by fspencer | 2017-05-14 21:00 | カイの事 | Comments(0)  

心配事(その弐)

その後は普段通りの散歩になったがまた倒れるのでは?とハラハラドキドキしながら

無事家に辿り着き、いつもの様に散歩のご褒美をねだるのを見て少しホッとする。

そうだ!ホッとなんてしていられないのだ!と思い直し動物病院へ
℡を入れ、院長先生が診察中だったのでスタッフさんに大体の状況を説明し伝えて頂いた。
すると「院長の判断は心臓のエコーを直ぐ撮ったほうが良いとの事なので今からでも
来られますか?」とのお返事。

「勿論直ぐに伺います!!」と℡を切った後、心配そうにカイを撫でている
小てママを即し動物病院へ向かった。

少しの待ち時間後に超音波診断装置が備えられている診察室に入る。

院長先生に改めて状況を説明した後先ずは聴診器での確認結果、心拍は異常無しとの事。

そして次はエコー検査の番・・・カイが少し緊張気味な顔で液晶画面を覗き込んでいる。


b0112998_10473685.jpg

毛が邪魔して中々鮮明な画像が見れず、探触子をあちこち動かして何とか心臓の全体画像が

液晶画面に映った。
                                                        続く


by fspencer | 2017-05-07 11:00 | カイの事 | Comments(0)  

心配事(その壱)

昨年4月「来年も一緒に見ようね」と堅く約束した桜を今年も無事一緒に見る事が出来た171.png

そして一昨日の3日で13歳10ヶ月になり、今月14日が命日の小てつより何と2歳と1ヶ月も

頑張ってくれている。

b0112998_09293792.jpg

実は昨年12月から4回程この黒い相棒に「九死に一生」の出来事が起こっている。

相変わらずの底なし食欲と散歩でスタスタ歩く姿を見ているとこの黒い相棒が
本当に不死身じゃないかな?と正直思っていたけど・・・。

昨年12月4日の日曜いつもと同じく散歩に出掛け、とある階段を上り切った時の事だった。

カイの足が縺れたかと思うとその場で倒れこみ白目を剥いてピクリとも動かない。

どうしたら良いかと思う暇もなく反射的に心臓マッサージと呼びかけをする自分が居た。

すごく長い時間に思えたが実際は数十秒だったろうか・・・目に光が戻り大きな溜息後

立ち上り身体をプルプル揺すって顔を舐めてくれた。無事蘇生してくれたのだった

会社で受けた救命救急士の講習とたまたまYouTubeで見た犬の心臓マッサージの動画が

役に立ったが、足の震えが止まらずこちらが心臓マッサージをして欲しいくらい胸が
バクバクしていた。 
                                     続く



by fspencer | 2017-05-05 09:53 | カイの事 | Comments(0)