心配事(その弐)

その後は普段通りの散歩になったがまた倒れるのでは?とハラハラドキドキしながら

無事家に辿り着き、いつもの様に散歩のご褒美をねだるのを見て少しホッとする。

そうだ!ホッとなんてしていられないのだ!と思い直し動物病院へ
℡を入れ、院長先生が診察中だったのでスタッフさんに大体の状況を説明し伝えて頂いた。
すると「院長の判断は心臓のエコーを直ぐ撮ったほうが良いとの事なので今からでも
来られますか?」とのお返事。

「勿論直ぐに伺います!!」と℡を切った後、心配そうにカイを撫でている
小てママを即し動物病院へ向かった。

少しの待ち時間後に超音波診断装置が備えられている診察室に入る。

院長先生に改めて状況を説明した後先ずは聴診器での確認結果、心拍は異常無しとの事。

そして次はエコー検査の番・・・カイが少し緊張気味な顔で液晶画面を覗き込んでいる。


b0112998_10473685.jpg

毛が邪魔して中々鮮明な画像が見れず、探触子をあちこち動かして何とか心臓の全体画像が

液晶画面に映った。
                                                        続く


by fspencer | 2017-05-07 11:00 | カイの事 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 心配事(その参) 心配事(その壱) >>